ロールスロイス ゴースト。 最新ロールスロイス「ゴースト」の咆哮を聞いた!!! お値段3590万円!?

ゴースト ロールスロイス ゴースト ロールスロイス ゴースト ロールスロイス

ロイスは強い不満を感じた。

9
ゴースト ロールスロイス ゴースト ロールスロイス ゴースト ロールスロイス

静粛性のさらなる向上と隠れた入力 新型ゴーストでは当然のことながら静粛性の向上も行なわれた。

10
ゴースト ロールスロイス ゴースト ロールスロイス ゴースト ロールスロイス

シルヴァーゴースト [ ] シルヴァーゴースト(1912年) 1906年、は従来の「」に代わるモデルとして、新型の6気筒車を開発した。 恐れ多くもロールス・ロイス。

14
ゴースト ロールスロイス ゴースト ロールスロイス ゴースト ロールスロイス

まるでスポーツカーの試乗会のために用意されたようなコースだった。 つまりそれ以外はイギリス・グッドウッド生まれの先代ゴーストから全てを一新させている。 ロールス・ロイスの特徴の1つ、マジック・カーペット・ライドも進化。

ゴースト ロールスロイス ゴースト ロールスロイス ゴースト ロールスロイス

には同じイギリスのメーカーであるを買収 するなど規模を拡大し、特に乗用車製造においては高級車の代名詞となった。

5
ゴースト ロールスロイス ゴースト ロールスロイス ゴースト ロールスロイス

「ホーク」エンジン。

10
ゴースト ロールスロイス ゴースト ロールスロイス ゴースト ロールスロイス

75リッターV型12気筒ツインターボエンジン(N74B68型)。 木目基調のワイドなインパネと、いかにも座り心地の良さそうなシートは確かに垂涎ものだが、華美なデザインというよりも、上品なシンプルさの頂点を極める方向を示唆しているように思えた。 また、今の時代にも調和する、本質を狙う製品だと私たちは考えています」との考えを述べている。

14