えん げ 困難 者 製剤 加算。 錠剤を粉砕したときは嚥下困難者用製剤加算?自家製剤加算?

困難 製剤 者 げ 加算 えん 困難 製剤 者 げ 加算 えん 困難 製剤 者 げ 加算 えん

在宅患者調剤加算;処方箋受付1回につき15点 麻薬等加算 麻薬、向精神薬、覚せい剤原料、毒薬 品目数や投与日数に関係なく、 1調剤につき算定します。

11
困難 製剤 者 げ 加算 えん 困難 製剤 者 げ 加算 えん 困難 製剤 者 げ 加算 えん

同一薬局で同一処方箋に係る分割調剤(長期保存の困難性等の理由による分割調剤、または後発医薬品の試用のための分割調剤に限る。

8
困難 製剤 者 げ 加算 えん 困難 製剤 者 げ 加算 えん 困難 製剤 者 げ 加算 えん

注2 嚥下困難者に係る調剤について、当該患者の心身の特性に応じた剤形に製剤して調剤した場合は、嚥下困難者用製剤加算として、所定点数(調剤料)に80点を加算する。

5
困難 製剤 者 げ 加算 えん 困難 製剤 者 げ 加算 えん 困難 製剤 者 げ 加算 えん

薬剤師が一包化の必要を認め、医師の了解を得た後に一包化を行った場合は、その旨及び一包化の理由を調剤録等に記載する。 モルヒネ塩酸塩は 麻薬でかつ毒薬として取り扱われていますが、このように同一薬剤で重複した規制を受けるものについては、麻薬である場合は70点を算定できますが、それ以外の場合では8点しか算定できないようになっています。 皆様ありがとうございます!うちは嚥下困難患者さんの「粉砕」は点数の多少にかかわらずとっていました。

8
困難 製剤 者 げ 加算 えん 困難 製剤 者 げ 加算 えん 困難 製剤 者 げ 加算 えん

麻薬等加算 麻薬、向精神薬、覚せい剤原料、毒薬 ;70点、8点、8点、8点• 質問の例においては、処方1と処方2で一包化加算の算定要件を満たしており、処方1又は処方2のいずれかで一包化加算を算定することになるが、処方3は、一包化加算の算定対象となる処方1及び処方2のいずれとも服用時点の重複がなく、一包化加算の算定対象とならないことから、処方3について計量混合調剤加算の算定が可能である。 麻薬・向精神薬・覚せい剤原料・毒薬の品目数、投与日数には関係なく算定し、内服薬のみに限らず、頓服薬、外用薬、注射薬であっても算定できます。

7
困難 製剤 者 げ 加算 えん 困難 製剤 者 げ 加算 えん 困難 製剤 者 げ 加算 えん

計量混合調剤加算も算定できるときがある 両方算定できる条件は、• つまり、15日を超える場合は、一包化加算を算定した方が得をすることになる。