顧客 起点 マーケティング。 【定石1】顧客接点を起点にマーケティングを変えるためにカスタマージャーニー把握から始める

起点 マーケティング 顧客 起点 マーケティング 顧客 起点 マーケティング 顧客

アンケートや調査の曖昧さに気づく アンケートを答える時に、何かしらのインセンティブがあるとその時点でそのアンケートの意味は薄れてしまいます。 最大公約数的な結果では、人の心を捉えるような 商品開発やマーケティング活動は難しい。 広告自体の面白さが「便益」として伝わっても、その「便益」がプロダクトの「便益」と繋がっていなければ購買に繋がらないことが多いのが事実ですと。

6
起点 マーケティング 顧客 起点 マーケティング 顧客 起点 マーケティング 顧客

ここまでくるとどのセグメントにどれくらい費用をかけるかが可視化できました。 なんか喋り出すしw 「 便益」= iPhone一つで「ゲーム」も「電話」もできることがわかる。 もし仮にプロダクトアイデアのみで確立したブランドがあっても、その優位性は持続するのが困難であるのはAppleの中国での不振が証明している。

14
起点 マーケティング 顧客 起点 マーケティング 顧客 起点 マーケティング 顧客

スティーブ・ジョブズの言葉を引用していたのが、 かっこよかったので、ここでも引用しておきます。

1
起点 マーケティング 顧客 起点 マーケティング 顧客 起点 マーケティング 顧客

ブランドづくりには、やるべきことがたくさんありますが、本気で踏み込むと奥が深い。 実際に富士通で社内実践した結果、従来と比較しコンバージョンが2. ここでは巷でヒットしていると言われているCMを例に挙げています。 これでは誰も強く否定しないが、誰も強く支持しない当たり障りのない既視感のある提案を繰り返すのみとなります。

1
起点 マーケティング 顧客 起点 マーケティング 顧客 起点 マーケティング 顧客

深く理解しているたった1人へのプレゼントであれば、趣味嗜好や何を持っているかを考えることで、本人が想定する以上のプレゼントを選べる可能性が高くなる。 」 「本を買う前に、実際に読んだ人の感想を知りたい。

6
起点 マーケティング 顧客 起点 マーケティング 顧客 起点 マーケティング 顧客

Fujitsu Insight 2018では、「業務プロセス改革まで踏み込んだ真のデジタルマーケティング」、「CX-Firstでマーケティングをリフレームする」「富士通が取り組むB2Bデジタルマーケティング最前線」と題した3つのセッションで、お客様のデジタルマーケティングを成功に導くためのポイントを紹介しました。 スマートニュースのマーケティング担当の執行役員でもあり戦略コンサルタントでもある西口一希氏が先ごろ出版した『たった一人の分析から事業は成長する 実践 顧客起点のマーケティング』とは、氏のマーケティングにおける長い実践経験から書かれたものであり、マーケティングの現場や経営者の立場から、あらためてマーケティングが「顧客」を通して事業を動かす方法を解き明かしたものである。 さらに、デジタル施策のようにターゲティングしていれば、それぞれの層に割り振ります。

5
起点 マーケティング 顧客 起点 マーケティング 顧客 起点 マーケティング 顧客

このような何気ない日常の体験はあまり明確に記憶されませんが、大きな購買の決め手になっていることがあります。 自社がどの層をとりこみたいのか?どこが自社のサービスの課題なのか?を考える必要があります。 短期的には現存顧客を大事にすることは重要ですが、長期的な観点からすると、未認知の顧客に認知を進めるなど、下部層にも注意を向けないといけません。

起点 マーケティング 顧客 起点 マーケティング 顧客 起点 マーケティング 顧客

どうしてこのようなギャップが生まれるのでしょうか。

起点 マーケティング 顧客 起点 マーケティング 顧客 起点 マーケティング 顧客

N1分析 N1分析で最も明らかにしたいことは、いつ、どのようなきっかけでその商品やサービスを知って、購入に至ったか、またはロイヤル顧客となったかです。 ただし、前述のように、複数回の購買サイクルをまたいだ期間でみれば、この法則は必ず見て取れます。 この分析で重要なのは、顧客の「行動データ」と、その行動の理由となっている「心理データ」の両面を分析することである。

15